« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/29

東京へ

めずらしく東京へ。


空気集熱ソーラーシステム「そよ風」のセミナーに参加してきました。
このシステムは太陽の熱を上手に建物に取り込んで暖房等に活かす優れモノ。
最近良く耳にする太陽光発電とだいぶ違う仕組みなんです。


空気集熱ソーラーシステム:太陽の熱をそのまま利用
太陽光発電       :太陽の光を利用して電気を作る


このシステムを使う大きなポイントは
「冬、足元からじわじわ暖かい。しかもトイレまで!」


電気やお湯を使った床暖房に似ていますが、熱源が電気やガスではなく太陽の熱を利用しているのでとってもエコ。曇りや雨の日は太陽が出ていないためその効果は得られませんが、エアコンやファンヒーターでは得られない暖かさがあります。
さらに、建物の上部に溜まった暖かい空気を床下に戻して再利用できる循環機能付きなので、薪ストーブやペレットストーブなんかと相性がバッチリなんです。


以前勤めていた設計事務所でも採用した事があり、初めて体感した時は今まで培った建築の経験が吹き飛ぶくらい衝撃的な「これいぃ〜」的な出来事でした。
自分の家でも是非採用したいシステムなのです。


とシステムの話が長くなりましたが、このシステムを作っている環境創機(株)さんの話&実際に採用されている岡庭建設(株)さん(全国でも屈指の工務店さん)の物件を見せて頂くセミナーでした。


R0010720
「そよ風」生みの親 
環境創機(株)代表取締役  友 伸平氏


どうしても解消しておきたい疑問も自分なりの回答も得られたし、設計の新たな発見も出来たし、色々な方とも出会え大変有意義な一日となりました。満足!


でも、やっぱり人多すぎ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/27

夢のあと

「期待しちゃダメだよ」と口にはするけど
心の何処かで・・・もしかしたら!?


当たったらコレ買って、アレやって、ドコ行って。
夢は無限に広がりました。


Img_0424


今回の結果は見事600円!!
やっぱり次回に期待しちゃいます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/24

ドラえもんを

観に来てます。


春休みに何処へも連れて行ってあげられず、
せめてと思いTOHOシネマへ。

1332574187306.jpg

ドラえもんパッケージのポップコーンもね


ドラえもんは泣けるんですよね~。
今日はどうなるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012/03/15

卒園おめでとう

冬の寒さと鮮やかな青空のもと、娘の卒園式が行われました。


Img_8934


グズル事なく始まった幼稚園
お昼を食べれなくて毎日泣いていた年少さん
お友達と上手に遊べる様になった年中さん
運動会のリレーのアンカーで男子園児をぶち抜き勝利した年長さん


他にも
結構出席率が高かった父親参加会
やっと泣かずに観れる様になった打ち上げ花火
未だに鬼が怖くて号泣する節分
冬の時期に必ず悩まされた○○下○症・・・etc


数え上げてもきりがない、想い出いっぱいです。


そして、多くのすばらしい先生にも恵まれました。
シナ先生、アスカ先生、カスミ先生、ミツコ先生、オオニシ園長、
他先生方、本当にお世話になりました、ありがとうございました。


最後に娘へ。
よく頑張りました。この3年間でこんなに成長してパパは嬉しいです。
これからもあなたらしく「のんびり、のびのび、はつらつ」と行こうね!
卒園おめでとう!


Img_8888


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/07

聞こえてきそう

Img_8635
     「天気良いなぁ〜、キャッチボールしようか」
     「うん、やるやる!」


Img_8643
     「ねぇ、宿題終わったらお手伝できる?」
     「はぁ〜い」


そんな会話が聞こえて来そうじゃないですか?


設計の仕事は、平面計画・外観のデザイン・高さのバランス等
色々な要素を複合的に考え、図面に表現していく事。


で、ひっくるめて言うと「どんな暮らしができるのか」を
住まい手に提案し、形にして行く事なんですね。


こんな会話が聞こえてきそうな設計を心掛けたい、と強く思う今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/03

ひな祭り2012

娘作のお雛様がレベルアップしています。
だんだんリアルな人形に近づきつつ・・・・かな。


Img_8311


写真ではちょっとキ○カワイイ感じですが、
実物は結構「ほぉ〜!」です。


写真の腕前が泣き所ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »