« 運動会2016〜小学校〜&祝18年 | トップページ | フラッグ練習1009 »

2016/10/04

玉切り用馬

もう10月、薪ストーブに火が入るのにあと少し。


今年の薪をどうするか?
残ってる薪では到底足らない。


月1回開催されてる伝兵衛堂さん主催の「しずおか火のある暮らし応援団」で薪を確保し始めましたが、こちらの薪は早くて来シーズン用(2年くらい乾燥させるといい状態になります)。


と言う事は、今シーズンも購入しなければならない。
で、我が家の薪棚は6割程埋まってる。とても薪棚が足らない。


じゃあ、敷地の東面に新たに作るか。
でもそこには掛川お茶農家さんのMさんより頂いたちょっと長めの玉切り丸太がある。
これを薪にして場所を空けないと。


でもチェーンソーで玉切りするとき、短めの丸太はヒジョーに切りにくい。
ヤホーさんに聞いてみると「玉切り用馬」ってのが便利らしいってご返事が


玉切り用馬ってこんな感じ

95a7757d4b764488b842a13ee2fa2162
    STIHL製 小売価格¥8,600(税別)


前置きが長かったですが今日はこの話。
製品を購入すると高いのでやっぱりDIY。
ネットで馬を自作している人を検索し、材料・寸法を参考にさせていただきました。
(設計が仕事なのにね・・・・・・しぃ〜〜っ!)


ジャンボエンチョーで木材と金物を調達し、いざ製作!


Img_3118
       カット部材を並べて


ベースの脚は米松45×60
(よく使われる2×4材だとちょっと重い感じがしたので・・・・)
上部横材はホワイトウッド30×40
下部横材は杉15×105
金物はM10ボルトを蝶ナットで留める仕様。使用後に折り畳める様に。


で、ボルトとコースレッドで組み立てるとこんな感じに。


Img_3122
         俺的にgood job!


小さい丸太をチェーンソーで切断するときくるくると回転してしまうので、本物に習って6mmΦのゴムで留める様にしました。
(私的にはここが一番大事なんですよね〜)


午前中には完成しましたので、引続き薪割り開始!


Img_3125
    だいぶ斧の命中率が上がってきた今日この頃


薪棚が8割程埋まりましたが、まだまだ玉切り&薪割り残ってます・・・・。
とりあえず今日はもう限界っす(苦笑)

|

« 運動会2016〜小学校〜&祝18年 | トップページ | フラッグ練習1009 »

西美薗の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉切り用馬:

« 運動会2016〜小学校〜&祝18年 | トップページ | フラッグ練習1009 »