建築

2011/07/02

大きな木の下で

娘のエレクトーン発表会で浜松福祉交流センター(旧 浜松福祉文化会館)に。


Img_4482


ここは福祉関係団体の活動の場として、また、ボランティア活動の充実・育成、市民の教養の向上の場として、さらに文化の振興の場として市民から広く利用されています。
1階ロビーのパイプオルガンは公共施設としては全国でも珍しく、音楽のまちをめざす浜松のシンボルの一つとなっているそうです。(浜松市HPより抜粋)


自分が興味を持ったのは建物の南側に植えてある1本の大木。
アスファルト&コンクリートの街に大きな木陰をつくってました。


Img_4476


建物内部から見えるこの景色と木陰は機械では作り出せない優しい涼しさがありました。


そうそう娘の発表はというと、写真撮影が禁止(ビデオはOK)だったので、娘の姿はアップできませんが楽しそうにやってました。パパ嬉しかったよ(親バカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/11

雨宿り

ここちょっと時間に追われる・・・・
GWの休みを取り過ぎたか(笑)


今日は雨降り、長女のお迎えにあわせてちょいと一休み。


Img_0109


軒が深いと雨の日も良い。
心地良い場所がここにもあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/26

松韻亭

一度は訪れてみたかった松韻亭(しょういんてい)。
浜松市の有する茶室です。

2_2 3_2

1_2 4_2


主棟の「松韻亭」、離れ棟「萩庵」及び日本庭園からなるお茶を嗜む場所で、茶会やイベントの他に気軽にお茶を楽しめる呈茶サービスもあります。


今回は「松韻亭の軒先の軽やかさを取り入れたい!」と願うSさんのイメージをインプットするべく伺いました。


自分の提案する木の家も屋根を軽やかに見せるように設計しますが、茶室はそれ以上。
数寄屋=透き家と言われる程、繊細な線で建築物が表現されるように緻密な設計がされます。


さて、どうしようかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/09

所用で島田へ。
そこで目に留まった、というか釘付けになりました。


Photo_2
                The 門


家主らしき人に尋ねてみると、
昔からの地主さんらしく、戦時中に戦闘機用の塗料をつくっていたそうな。
自分が興味津々で潜り戸から中を覗き込んでいると


家主「入って見てくれば?」
自分「いいんですか?」
家主「どうぞ」


2


板塀に囲まれた路地(もちろん敷地内)を抜けると立派な母屋、離れ、庭が現れました。こんなに立派な住いは拝見した事がなく、ため息しか出ません。


家主「11月末から12月初旬にはモミジの紅葉がきれいでね、また見に来れば?」
自分「ホントですか!?是非お願いします」


家族を連れて行こうかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

中村好文さん

静岡県建築士会・西部ブロックの青年企画委員会主催で
建築家「中村好文」氏講演会が開催されました。
自分も青年委員会の一員なのでスタッフとして参加。


中村好文さんは住宅設計を主とする建築家で超有名な方です。
「プロフェッショナル 仕事の流儀 第11回放送 心地よい家はこうして生まれる」/NHKでも取り上げられる程の人物。
そして中村さん設計する住宅には「何とも言えない心地よさ」が存在するのです。


講演の内容は、予想を以上に楽しく勉強できたのですが、
それ以上に感銘したのは中村さんの「人としての器の大きさ」。


今日イチは「ボクは仕事を愛しているし、仕事に対して真摯でありたい」
ホントに講習会に参加できて良かった!


Photo
  本日の宝物。文字から中村さんの人柄が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/04

ヨリミチ

所用で菊川へ。


帰り道に県内有数の大型木造建築物をちら見してきました。
(今年は8月に天守閣の中まで見ました)


1104
掛川城。天守閣には忍者もいるよ(ホントに)


天守閣をはじめ、二の丸御殿、大手門、城門など木の力強さが肌で感じられる建築物です。
階段は急勾配ですが、一度は登ってみる価値アリ!


Photo
いい雰囲気でしょう。私のお気に入りの「厠」

| | コメント (0) | トラックバック (0)